オイルマッサージ




■このきわめて気持ちのよいオイルマッサージを脊柱に沿ってやって気づくこと
  • 血液やリンパ液の循環をよくして、皮膚に潤いを与えます。
  • 固くなっている筋肉を柔らかくし、筋肉によって引っ張られて歪んでいた脊柱を整えてくれます。
  • その結果、神経が支配している組織にエネルギーが供給され、活力がよみがえって健康になります。
■オイルマッサージのコツ
  • マッサージするときに力を入れない。
  • 部屋と患部をよく温める。
  • どこが悪くてもまず脊柱(頚椎、胸椎、腰椎、仙椎、尾椎−特に頚椎3番、胸椎9番、腰椎4番−)と(足の)滑液のうのマッサージを20分以上する。
  • その次に、患部を10分間ほどマッサージする。

 
オイルマッサージ
胸椎9番
オイルマッサージ
足の滑液のう

胸椎9番は、胸椎(12ヶ)と腰椎(5ヶ)ちょうど中央の骨で、やや上向きになって肩、首、そしてその上にある重い頭蓋骨を支えています。

リーディングは、頚椎3番、胸椎9番、腰椎4番をセットにして、内分泌腺を通して働く霊的なエネルギーの中枢のようなところと言っています。

正確に探さなくても、そのあたり一面をオイルでこすれば大丈夫です。

1 アキレス腱がかかとの骨のつくところの左右のくぼみ
2 足のかかとの後端
3 足の甲上で、指と指の間をすりあがっていくと中足骨の分岐点で止まるところ(親指の内側だけは小さなくぼみになっている)
4 足の各指のつけねの内側
この部分の滑らかさは、全身に影響を与えます。


* エドガー・ケイシーのリーディングやオイルマッサージ、ヒマシ油湿布については、「人を癒すエドガ・ケイシーの健康法」「エドガ・ケイシーの人生を変える健康法」「エドガ・ケイシーの人類を救う治療法」(いずれも、福田高規著 たま出版)に詳しく説明されています。